闇黒日記



電撃作戰

平成13年10月31日

平成13年10月31日

インフォシークhttp://www.infoseek.jp/でもアクセス可能である、と云ふ事實に、今氣附いた。

http://www.yahoo.jp/には繋がらない。

平成13年10月31日

ヒューレット・パッカードのプリンター用品は近所には置いていない

うぐぅ。


氣をつけなければならない語は、「売っていた」だけではないんです。

平成13年10月31日

嘘ついちやいかんです。

Congratulations, this document validates as HTML 4.01 Transitional!

と言はれてゐるのに、なんで「Valid XHTML 1.0!」のバナーを貼りますか。

平成13年10月31日

最近はまた、「嘘?!」と云ふ應答が流行つてゐるんですか。

一々、人の言葉を否定して呉れなくても良いと思ふんですがー。

A
××なんだってさー。
B
嘘?!

間、髮を入れずに、思ひ切り力をこめて「嘘?!」と發聲する、らしい。

平成13年10月30日

平成13年10月30日

平成13年10月30日

本日の買物。

トランジスタ技術 2001年11月號
CQ出版社

特集 メカ/インターフェース/記録再生の原理を徹底図解 ハード・ディスク大研究! と云ふ事なので買つて來た。暇潰し用。

平成13年10月30日

29日の買物。

漢字道楽
阿辻哲次著、講談社選書メチエ215
日本・日本語・日本人
大野晋・森本哲郎・鈴木孝夫著、新潮選書

啓文堂書店の「哲學・思想・宗教」のコーナに置かれてゐた。理由は不明。

平成13年10月30日

信頼すべき筋の情報によると、月曜評論誌上で松原正氏を「二割五分引の保守」と誹謗した匿名子「けつねうろん」の正體は、支那古典學が專門で、保守派論客としても知られる大阪大學名譽教授、加地伸行氏である。加地氏は、月曜評論に本名で「古典再述」も連載中である。


情報元? 私の行動範圍は狹いから、すぐ判るでせう。

嘘か眞か。


 多久弘一著『多久の漢文公式110』等も有名だが、二畳庵主人著『漢文法基礎』(増進會出版社)も昔から通の間では評價が高いらしい(私は未讀)。…と、わざわざこの書名を擧げるのは、最近、とあるサイトで一つの未確認情報を目にしたからである。

 それによると、この筆名「二畳庵主人」の正體は、

加地伸行

だといふのである!


 それにしても今この時期に、この名前を何故こんなに強調するのだらうか、私は。彼は支那古典の專門家、決して「無學なもん」ではないから、漢字の正字體にもさぞかし造詣が深いのでせうな。(謎)


嘘か眞か。

平成13年10月30日

平成13年10月29日

とばつちりが飛んだ方々へ。

言ひ譯しやうがないので、しないでおきます。

平成13年10月29日

俺だつて、罵倒してばつかりゐる譯ぢやありません。

今夜は大長文を書いて某掲示板に投稿したので、「闇黒日記」の量は相對的に少くなります。

平成13年10月28日

ニュースはひらがなで書いてるけど、彗星ね。

それはさておき、CNNのサイトの写真を見て、太陽に突入する惑星破壊ミサイルを連想した人は、WOWOWに『宇宙戦艦ヤマトV』再放送希望の葉書を出すこと(笑)。

「宇宙戦艦ヤマト2」はCARTOON NETWORKで放映中。Part.1は放映濟み。多分「V」もそのうちやるだらう。と期待。いやー「2」の脚本は非道いですねえ。


下の記事は、Lognote - SiR經由。

平成13年10月28日

いささか舊聞に屬するが。

「太陽の黄金の林檎」。

平成13年10月27日

今日の買物。「室内」11月號。ハウスメーカーに騙されるな 大手住宅メーカー30社徹底比較、と云ふ特集。

テーマも興味深いが、問題の提起、用語解説、本文と云ふ記事の「流れ」も巧みで、參考になる。買ふべし。讀むべし。


かの「買ってはいけない」とはレヴェルが違ふ。「買ってはいけない」は誹謗中傷であり、「室内」の特集は批判である。誹謗中傷と批判とは異る。罵れば良いと云ふものではない。

平成13年10月27日

脇坂さんに感謝。

平成13年10月27日

MSが作った規格は、うまい囲い込み戦術によってあっという間に世間のデファクト標準になりがちなのが、まぁ現実ではあるけど。

文部省が作つた漢字と「仮名遣い」も「圍ひ込み戰術」であり、「世間のデファクトスタンダード」と化してゐるんですが、誰も反對しません。


Microsoftのやり口に反撥する人が平然と「常用漢字」と「現代かなづかい」を用ゐてゐるのは異常。

平成13年10月27日

テロリストのテロに對して、アメリカは戰爭と云ふ手段をとつたが、それはある意味アメリカはテロと同じ土俵に乗ってしまったともいえるのではないか、と云ふ議論をする前に。

「アメリカの正義」を云々してゐる時點で、日本は或意味、アメリカと同じ土俵に載つてしまつたとも言へるのではないか。何度も繰返し言つてゐる事だが、「アメリカの正義」を批判する日本人は、「日本人の正義」で對抗してゐるに過ぎない。


日本人は、自らの「正義」に、自覺的になつた方が良いのではないか。

平成13年10月27日

平成13年10月26日

方言対応第一弾として、「大阪弁」の変換に対応

正かな對應なんて、JustSystemは絶對にしないだらうね。


引用元: http://ascii24.com/news/i/soft/article/2001/10/25/630750-001.html

さらに、使用者が限定されるものの根強いニーズのある“文語”への対応も行ないたいとしている。

との由。情報どうもです。

「文語」ですか。不安だな。

平成13年10月26日

今日の買物。

以下、古本。

荒天吉日
岸田國士著・開成館
感性の覺醒
中村雄二郎著・哲學叢書・岩波書店
日本文化私觀
坂口安吾著・復初文庫・評論社
太平洋戰爭原因論
日本外交學會編
石佛讚歌
若杉慧著・社会思想社
言葉は生きている
中村保男著・聖文社
言葉あるいは日本語
丸谷才一対談集・構想社
百鬼園隨筆
内田百間著・三笠書房
生きて帰る 古典文学全評論
山本健吉著・河出書房新社
漢の武帝
吉川幸次郎著・岩波新書青版24
我が毒
サント・ブウブ著・小林秀雄譯・青木書店
作家論
小林秀雄著・民友社
日本及び日本人の道
大川周明著・行地社出版部
楠木正成
淺野晃著・ぐろりあ叢書・ぐろりあ・そさえて
清水幾太郎著作集8「愛國心」「匿名の思想」他
講談社

以下、新刊。

三茶日記
坪内祐三著・本の雑誌社

平成13年10月26日

今日、神田の神保町行つたんです。神保町。

さうしたらなんか人がめちやくちやいつぱいで落着いて本を買へないんです。

で、よく見たらなんか垂れ幕下がつてて、神田古本まつり、とか書いてあるんです。

もうね、アホかと。馬鹿かと。

お前らな、古本まつり如きで普段來てない神保町に來てんぢやねーよ、ボケが。

古本まつりだよ、古本まつり。

なんか親子連れとかもいるし。一家4人で古本まつりか。おめでてーな。

よーしパパ失樂園買つちやふぞー、とか言つてるの。もう見てらんない。

お前らな、広辞苑やるからその場所空けろと。

古本屋つてのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。

平臺の前で並んだ奴といつ喧嘩が始まつてもをかしくない、

刺すか刺されるか、そんな雰圍氣がいいんぢやねーか。女子供は、すつこんでろ。

で、やつと本棚の前に立てたかと思ったら、隣の奴が、橋本治つて馬鹿だよねー、とか言つてるんです。

そこでまたぶち切れですよ。

あのな、橋本治なんて今日び流行んねーんだよ。ボケが。

得意げな顔して何が、橋本治つて馬鹿、だ。

お前は本當に橋本治を讀んだのかと問ひたい。問ひ詰めたい。小1時間問ひ詰めたい。

お前、橋本治つて言ひたいだけちゃうんかと。

古本屋通の俺から言はせてもらえば今、古本屋通の間での最新流行はやっぱり、小林秀雄、これだね。

創元版小林秀雄全集。これが通の買ひ方。

創元版小林秀雄全集つてのは『精神と情熱とに關する81章』と『我が毒』が入つてる。そん代り、昭和30年代以降の著作は入つてない。これ。

で、それに福田恆存全集(飜譯全集も)。これ最強。

しかしこれを買ふと次から店員にマークされるといふ危險も伴う、諸刃の劒。

素人にはお薦め出來ない。

まあお前らド素人は、ハリーポッターでも買つてなさいつてこつた。

平成13年10月26日

Opera v.s. Microsoft。

平成13年10月26日

Internet Explorerは、あと10年は戰へる。

平成13年10月26日

「チャイコフスキー作品表スタイルシート対応バージョン」なのださうだ。CSSをoffにしたブラウザで見ると悲慘な事に。

哀しくなつてしまひました。

平成13年10月26日

平成13年10月26日

平成13年10月26日

氣をつけよう。笑ひ。

竡ハメ蔵F提供のサーヴィスださうな。


ne.jpはとれないが、ne[0-9]はとれるんですな。

平成13年10月26日

ロシア革命によつて、皇帝の專制は指導者の專制に變つたに過ぎない。そして、ロシアの專制とロシア正教とは、ロシア革命當時、分離し難いものであつた。


メレシコフスキーの「革命と宗教」を讀む。と言ふか、讀みかけ。

平成13年10月26日

米ソの冷戰は、「プロテスタント文明」と「正教文明」との衝突であつた、と言ふ事も出來る。


そんな状況下でカトリックの大統領が出て來る邊、アメリカの度量は廣い――と言つて良いのだらうか。

平成13年10月26日

21日に過去ログに落し込むのを忘れてゐた。

inserted by FC2 system