瞬間

平成13年5月24日

 実に不愉快だ!

 NO MORE 森!!

 森逝ってよし!!

ここの主張には同意出來ない事が多いのだが、上記の意見には大贊成。

平成13年5月24日

しろはたちゆ12歳の記事が妙にシンクロしてゐるんですが。

バーチャルネットアイドルはスタイルシートがあまり好きじゃないんださうで。noframesの中身も更新してゐないみたいで、困つたものです。

平成13年5月24日

某Gのつくアニメより。

某Eのつくアニメより。

あとは適當に補完して下さい。

平成13年5月24日

白川靜先生の「文字講話」が年4囘行はれてゐる。漢字文化に興味のある方はどうぞ。


メールにてご案内を頂戴しました。ありがたうございます。

平成13年5月23日

平成13年5月23日

よし、おれは今日からはホームページという言葉をWPとして認識しよう。しかし、HPなどは決して使わん。新しい略語作ってやるよ。いいか、次の名詞をアタマに叩き込め(タタケタタケタタケ)

ほぺ

新しくないです。インターネット紋切型辭典「は行」の「ほめぱげ」の項を御覽下さい。

平成13年5月23日

參考にしました。

平成13年5月23日

やはり僕は、誰かに誉めてもらえるのが一番嬉しいようだ。それが人生の目的なのかもしれない。……あぁ、なんてつまらない人生なんだろう。

そんな事を言つてゐると、Piro氏の事をシンジくんと呼んぢやふぞ。

平成13年5月23日

何とも「濃い」ところですねえ。

平成13年5月23日

いつの間にか、こんなものを作つてゐやがる。恐るべしGoogle

と云ふか、Googleで「Google」を檢索すると、Google Directoryが一番上に出てくるし。


Open Directory系であるさうである。

平成13年5月23日

突然ですが、2001/4/21をもって「うぇいぶなび」のサービスを終了致しました、だつて。老舖がまた一つ消える。Yahhoなんて、今時のネットワーカは知らないだらうね。

平成13年5月23日

喋りすぎかも。掲示板で。

平成13年5月23日

と云ふか、俺にはD.D.とコミュニケートをとりつづける氣力がもうありませんので、皆さん、適當に附合つてあげて下さい。

平成13年5月23日

部員弐号さんの日記から先程引用した箇所が削除されていますね。

黒歴史。

平成13年5月23日

「正しいHTML」と言はずに「いいHTML」と言つた方が、絡まれないで濟むかも。

平成13年5月23日

作りかけだった i-mode 用の花占い CGI の仕上げに入る。 「ここの空行は取ろう」とか「ここに marquee を入れよう」というような指示を受け,いちおう W3C 信者の端くれの俺としては良心が咎めたがこれは i-mode 用の HTML であって本当の HTML でなくとも構わんのだと自分に言い聞かせて合理化。

まあ、世の中には、HTML 4.01と云ふ言葉を聞いただけでピクピクする人もゐますし。それも社長。

平成13年5月23日

D.D.の囘答は、クールと表現すべきものではなく、「突放したやうな、不親切なもの」でしかない。それから、詰らない事で絡んでばつかり。しかも、妙に威張つてゐる。

と云ふか、何でこの人はこの手の囘答しかしないのかねえ


何となく、D.D.が我々(誰)に絡む理由がわかつた。D.D.の事はこれから「アスカ」と呼んであげよう。

D.D.は良い奴らしいので、これ以上壞れない事を願ふ。ちなみに、私の「良い奴」と云ふ人物評は、決して襃めてゐるのではないので、我にかえったのか、等と言つてみたりしないやうに。

平成13年5月22日

てふありま山、なの笹原は訂正すべきかと存じます。

兼盛と忠見の二首は、優劣つけ難しとして、昔から議論の種となつてゐますが、忠見の歌の方が世評は高いやうです。

平成13年5月22日

かなり情報を増やしてをります。


知的怠惰は道徳的怠惰にほかならない

平成13年5月22日

戰前の出版物を調べると、同じ字でも、一冊の本の中で異る字體が平然と出現してゐたりするので、何が「正しい」のかを確定するのには手間がかかるもの。

自分獨りの文章で統一出來れば良い、と云ふのなら、好みで統一出來ますが。

平成13年5月22日

今年も郭公來る。

平成13年5月21日

「追補」の、「4) 自家撞着」が參考になる。

平成13年5月21日

さてここで、再び法律問題。私はD.D.氏を氣違ひ呼ばはりしたが、これは「名譽毀損」になるであらうか。答。ならない。D.D.氏は匿名を用ゐてをり、私の惡口によつて、社會的な地位は何の影響も受けてゐない。

もちろん、「人としてどうかう」と云ふのとは、話が別。

平成13年5月21日

と云ふか、馬鹿の異常な發言を叩きに叩き捲つて嫌がられるまで叩くと云ふ癖があるので、最近は掲示板には書込まないやうにしてゐたのだが、禁を破つた途端にこれ。自分の中の血が怖い。

平成13年5月21日

ちなみに、この文書では、ソースに矢鱈と「意味」を埋めこんでゐるので、閲覽者には[ソースの表示]或は[View Page Source]を是非とも使用していただきたい。


掲示板で、大量の書込みをしたり、罵倒の文句を書連ねたりするのは、一般には「荒し」と見做されるだらうし、「風説を流す」のが好きな連中は、さう云ふ「レッテル」を貼りつつ各方面に宣傳してまはるだらうから、釋明だけはしておきたい。「身内」にも、結果的にとはいえ公の場で荒らしに近い事をした野嵜さん、と書かれてゐる事だし

まづ、「Web相談室」は、過去ログが消えるTcup等のminibbsとは異るものなので、連續投稿自體の「罪」は輕いだらうと思ふ。罵倒の文句が雰圍氣に合はないのは事實であり、それだけは御容赦願ひたい

續いて、「D.D.氏の掲示板」だが、これは私と關係者にしか書込む意味がない筈の掲示板であり、また、現時點で過去ログ保存規定數の上限には全然達してゐないのであり、連續投稿が「過去ログ流し」にならないのは、D.D.氏流の言ひ方をすれば自明である譯で、やはりそれ自體の「罪」は輕い筈。また、罵倒の文句を書連ねたが、「冷戰」の方が「熱戰」よりも増しだ、と云ふ事はない筈。今迄、D.D.氏の慇懃無禮な態度には、我慢してゐたのである。そろそろ「ぶち切れ」たつて、良いぢやないか。

まあ、「人としてやつてはいけない」で、全てを判斷しようとする連中には、何を言つても無意味でせうがね。連中の信ずる何かを信じない人間は、連中にとつては「人」ではないのだから。或は、俺の正義を、連中は正義だと認めない。それで「正義は相對的だ」と主張するのは、連中なのである。馬鹿かね。


私は「とってもひじかた君」の大ファン。

平成13年5月21日

あと、人の名前を恣意的に変えるとか(私の名前は「トビデバ」で「デバ」ではない)、新仮名遣いで書いたものを旧仮名遣いに書き換えるとか、相当失礼な人ですね。

言ひがかりをつける人は、過失を故意と言換へる。御用心。

ちなみに、名前の書き間違ひと、表記の變更とは、關係のない話。

ところで、既に逃げてしまつたやうだが、トビデバ氏よ、「表記の變更」が原因か、「失禮な人」であるのが原因か、あなたの主張はどつちなのか。はつきりしていただきたい。「表記の變更は失禮だ」と言ひ、「失禮な人間だから表記を變更した」と言ふのは、循環論法ですぞ。その循環論法は、D.D.氏が用ゐてゐるが、氣違ひの用ゐる論法なので、正氣の人間は使はないで貰ひたい。

平成13年5月21日

と云ふか、「ダルタニャン物語」を讀んだ直後にウェブの掲示板を見に行くのは、これからはやめようと思つた。

平成13年5月21日

思ひ切り「荒らして」やつたから、2ちゃんねるの「野嵜ウオッチャー」は、喜べ。

平成13年5月21日

理由みたいな言ひ方をすれば、それが理由になる、とD.D.は思つてゐるらしいが、そんな氣違ひの論理が世の中に通用すると思つてゐるのか。

氣が狂つた世の中だからと言つて、氣違ひの論理を振りかざすのはやめて貰ひたい。

氣違ひ」D.D.は、これまで私に相手をして貰つた事を感謝して、消えるやうに。


「キレチャッタヨコイツ」と言つて嘲笑する馬鹿もゐるだらうが、「怒らせた方が勝ち」とでも考へるやうな奴は、それこそ氣違ひ。


それから、別方面の話。「Web相談室」で、ちゃいぱさんの忍耐力を試してゐるやうな状態になつてしまつたので、それだけ謝罪しておきます。

平成13年5月20日

ウェブで『魔性の子』と云ふ文字を見て、「イラストレイテッドSF」とか「文庫版のカヴァはウェブに載せて大丈夫なのだらうか何しろこの御時世だし」とか云つた聯想が働いた直後に、『東京異聞』と云ふ文字が出てゐるのにがつかりする私は過去の人なのでせうか。等と言ひつつ、自宅の書庫を手動で檢索したところ、ゼラズニイのも小野不由美のも見つからず。

平成13年5月20日

現状ではcite属性だけで明記したと思っていると、また無用な誤解を与えかねない気がするのですが。IE多いし、Mozilla使ってても引用右クリックしてPropertiesに気がついているかどうか...

誤解する人も多いでせうが、「ソースを見ろ」と言はれて誤解を解き、納得した上、何かを悟る人も中にはゐるのではないか、と期待してをりますので。

平成13年5月20日

日本人は、原因から結果を判斷するのではなく、結果から原因を判斷する。それで「トンデモ」を嗤へるか。

平成13年5月20日

つまり現行憲法は単なるエピソードに過ぎず、一貫して帝国憲法が国家の規範であるべきで、それを時代に合わせて変えていったものが憲法として存在すべきだっていうことなのかな。

Oui.

結局のところ現行憲法の内容とそれが基づくところの精神が気に入らないから現行憲法は無効だということを手続き論の問題であるということにして主張してるんじゃないだろうか。

Non!


「右か、左か」の「二元論」で考へようとするから、よくわからん、と云ふ事になるのであります。

何だか懷かしいね。しかし、「現行憲法無效論」も、福田恆存の「當用憲法論」も、きちんと纏めてゐなかつたんですねえ。言歸正傳。

「日本國憲法」は「大日本帝國憲法」の改正と云ふのが建前ですが、その「改正」は、法的に許される改正の域を超えてゐる、と私は指摘したいのであります。言はば「無法」を「日本國憲法」はやらかしてしまつてゐる、と言ひたいのであります。或は、福田恆存が「當用憲法論」と云ふ文章で、指摘してゐるのを、私は支持するのであります。

要するに、現行憲法はその成立によつて如何樣にも改憲出來る事を自ら範を示し、容認してゐるか、或は最初からその有效性の根據が無く、飽くまで當座の用を爲す當用憲法であるか、そのいづれかであります。が、前者を一度認めたら、それこそ永久革命を認めるやうなもので、危險であるばかりでなく、憲法の權威は全く認められ難くなる。憲法そのものの權威が失はれるよりも、この際吾々としては現行憲法の權威を否定する事によつて、憲法そのものの權威を守り、我々の憲法意識を正常化するに若くはありますまい。私が現行憲法に當用の一語を冠した所以であります。

福田は、現行憲法が欽定憲法を法的に無效とし得てゐない事、即ち欽定憲法畫法理論上は生きてゐると云ふ事を述べてゐます。もちろん、現在の日本人は「詭辯」のレッテルを貼る事で、法理論の檢討を避ける處世術を心得てゐますから、福田の言ふ事をききいれる筈はありません。

しかしながら、さう云ふ非論理的な意識が日本人を支配してゐる事は、果してよろしい事なのか。法治主義、論理的にものを考へると云ふ觀念、或は近代的な精神を、日本人が理解しようともしないのは、果して良い事なのか。近代化の過程を經ずして、日本人が近代否定に走つてゐる現實を、福田は容認しなかったし、私も容認しません。


現行の「日本國憲法」が、「天皇制」の支持者と反對者の妥協の産物である事。斯る中途半端さゆゑに、「日本國憲法」が現在まで生延びてゐる事。日本人は、中途半端と中庸の區別をつけず、中途半端な代物が穩健で安心出來るものに見えると云ふ事。しかし、中途半端とはちやらんぽらんの謂であり、決して良いものではない事。

日記で委細を書くのは不可能或は不適當なので、そのうち憲法論は纏めませう。

平成13年5月20日

企業が下請企業に作らせてゐるサイトの文書が駄目だつたり、個人サイトが「細かい事」を氣にしないで駄目な文書を公開してゐたりするのは、氣に入らないと言へば氣に入らないのでありますが、それはそれで仕方がないと諦めてゐるので、それ自體には文句を言ひません。駄目な文書を公開してゐても、その人が默つてゐるならば、こちらは何も言はないのであります。

しかし、駄目な文書を公開し、しかもそれを自覺しつつ、開き直つて「何が正しいHTMLだ馬鹿野郎」みたいな事を曰ふ人も廣いウェブにはゐる譯で、さう云ふ人には「そいつァあんた、料簡違ひも甚だしいよ」と言返したつて良いだらうと思ふのであります。その時、こちらが惡者にされてしまつては、たまらないのであります。

平成13年5月19日

May 19, 2001 (Sat) 21:47 - 日記コミュニケート

とか言われてますが、引用して書いた文章は一見引用元の人間に対して書かれた直接の返答のように見えて実際それだけの存在ではないと考えています。というか不特定多数に見せるという本質を忘れてそういうことをやってると多分急速にロクでもないことになっていくのではないかと。

基本は引用と返答でありながら、同時に第三者が見て価値を感じられるものでもあるべき。

第三者が見て價値を判斷するのに、引用元(出典)が明記されてゐないと、困るのですが。

平成13年5月19日

Mozilla(Win32版)のNightly Buildのアーカイヴの種類が増えてゐる。

mozilla-win32-installer-sea-talkback.exe 18-May-2001 23:54   8.3M
mozilla-win32-installer-sea.exe          18-May-2001 23:54   8.1M
mozilla-win32-installer.exe              18-May-2001 23:54   200k
mozilla-win32-talkback.zip               18-May-2001 23:54   8.7M
mozilla-win32.zip                        18-May-2001 23:54   8.5M

平成13年5月19日

「天皇機關説」は國家主義に彈壓されたと言ふ連中が、「天皇機關説」を支持しないのは腑に落ちない。私は「天皇機關説」を支持してゐる。

平成13年5月19日

「今時誰も使はない正字正かなで野嵜は文章を書いてゐる、だから野嵜は電波だ」と言ふ連中は、「自分を否定すべき文句でもつて他人を罵る」愚に陷つてゐる。昭和20年の頃、表音的な表記を用ゐる人間は少數派であり、「誰も使はない」事が「電波」の根據であるならば、表音主義者は「電波」だつた筈である。その「電波」な連中が國家機関を乘つ取つて國民に押附けた表音的な表記をありがたがつて使ふ連中は、同じ「電波」であるか、少くとも「電波な人間」に踊らされた馬鹿ではないのかね。

平成13年5月19日

日本語には、受動態の表現が餘り存在しない。その爲、受動態でものを考へる時、日本人は屡々主體を取違へる。「××は○○であるやうに思はれる」「ホームページが見られない」の類。

また、判斷した主體が誰であるのかを忘れて、或判斷を一般化する癖が、日本人にはある。

平成13年5月19日

改竄
惡用しようとして、書類や證書の文字や語句を直すこと。
變更
豫定・決定を變へること。

或は。

改竄
字や語句を直す事。多くは、惡用する目的の場合に使ふ。
變更
變へあらためること。

D.D.氏は「改竄」と「變更」を同一視してゐる。異る概念のものを、同一視する愚を、D.D.氏はまたもや繰返してゐる。

困つたものである。

平成13年5月19日

平成13年5月19日

Netscape Navigator 4.77でも段組の表示が維持されてゐるのは偉いと思つた。

平成13年5月19日

相變らず最低のHTML文書を公開してゐるが、この閲覽數では文句を言ふ人間もゐないのだらう。

平成13年5月19日

日本人は、道徳の問題と、法律の問題を、實に融通無碍に行つたり來たりする。次元の異る話を、平然と混同する。

「引用」の論爭なのだか、「假名遣の變更」の論爭なのだか、わからない、と云ふ指摘があつたが、根本的にいかなる觀點から何が問題視されてゐるのかが、全く理解出來ない。そして、問題視してゐる側ではなく、問題視されてゐる側に、理解出來ない責任はあるのださうである。

良くわからない事を言つて相手を困らせるのは、言ひがかりではないですかね、D.D.さんよ。

平成13年5月19日

例の「斬る」コーナの誤りや怪しげな記述を誰もつつこんで呉れないので、機會ある毎に自分で自分のコーナを窃に斬つては修正してゐるのだが、どうにも怪し過ぎる記述が多いので、そのうち全部の記述を仕樣書と突き合はせてみる積り。

平成13年5月19日

思い返してみたらマクロスプラスもこんな感想を抱いた作品だった。話はどーでも良いし感動もせんしキャラもどうでもいいが、音楽が良くてミサイルが良い作品。まさに同じだ。テレビ版を全部見たいと思っているのだが、まさかテレビ版はこんなんではあるまいな。

いや、そんなんだつたりします。黒歴史になつてゐる。

平成13年5月19日

Netscape Navigator 4.x
ホームページが掲げる人類一人一人の自由のための戦いを神が見捨てる訳はない! 私の弟、諸君らが愛してくれたNetscape Navigator 5は死んだ。なぜだ!?
Mozilla Browser/Netscape 6
坊やだからさ。

平成13年5月19日

まあ、先づは下部コンテンツから、と云ふ事で。

平成13年5月19日

憲法改正論議の中で「憲法改正には国会において2/3の発議が必要だけれども、廃止するなら1/2で良いじゃないか」なんて無責任な事をのたまう馬鹿がいます。まるでこんな台詞を聞いていると「会社が立ち行かなくなったら解散すりゃあいいじゃん」なんて言うような無責任な経営者(そんな奴滅多に居ませんが)を連想します。

ははあ、その手があつたか。憲法廢止の規定は、「常用憲法」殿には記載されてゐませんからなあ。

私は「現行憲法無效論」を支持してをりますので、「常用憲法」君を破毀したら「大日本帝國憲法」を即時に復活させ、引續き現在の民主制に適合した形に改正すべきだと考へます。近代國家日本を築いた先人の努力を、我々は無視してはいけない。或は、日本にも頼れる一貫した規範がなければならない、と考へるのならば、從來の規範を單純否定する事によつて成立した「日本國憲法」なんぞはさつさとなかつた事にして、規範として初めて整備された「大日本帝國憲法」を復活させるべきであります。

「大日本帝國憲法」発布當時の精神を復活させろ、と言つてゐるのではない事實に注意。その邊を、故意か過失かは知らないが、混同する馬鹿が多數ゐるので、一言。

平成13年5月19日

俺はISO教徒だ。

根據のない勝利感。

inserted by FC2 system